持続可能な開発目標

SDGs

scroll down
持続可能な開発目標(SDGS)に向けて

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、 「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり 日本としても積極的に取り組んでいます。
また持続可能な社会の実現を目指す世界共通の目標です。
2030年を達成年限とし17の目標と169のターゲットから構成されています。
月星商事はまず身近な所で出来ることから始めて行きます。
環境に優しい事業活動を社員全員が参加で取り組み、 人と地球に優しい循環型社会の形成と環境保全に目指します。

月星商事株式会社のSDG‘s
への取り組み

経済:

・営業時間の定時出社、定時退社(残業の削減)
・Saas活用によるデジタル化の加速で作業の効率化を図る
・女性の営業職の継続採用と管理職の起用
・社内環境の緑化計画(二酸化炭素の削減)
・社内美化に努めて労働環境、働きやすさを良くする ・社員の健康管理の取り組み
・会社内の照明を蛍光灯からLED、こまめな消灯で無駄な電力を使わない

環境:

・営業車をEV車、ハイブリット車へ移行
・コピー用紙を再生紙に変更、また裏紙の再活用
・営業の移動手段を車での営業を減らし、公共交通機関の活用
・空調の適温設定を徹底する。
・廃棄する靴の再利用