営業部

スニーカー営業部

大切なのは提案力を磨き続けること

NB(ニューバランス)やコンバースなどのインターナショナルブランドを取り扱っている他、自社ブランドも展開していますが、トレンドサイクルの早さに敏感に対応することがやはり大切ですね。
そのために私達は、小売店側ともメーカー側とも、常に密度の高い情報交換を心がけています。
また、デパート・専門店・GMS(総合スーパー)・ディスカウントストアなど、それぞれの業態ごとに分かれる基本的なニーズを把握しつつ、ニッチな市場を狙うセグメント展開に対し、アドバイザーとしてきちんと貢献することも、重要な仕事です。
そして私達はこれからも、メーカー様のポテンシャルを市場の動向にマッチングさせる魅力的な企画を、一つでも多くご提案したいと思います。

紳士靴営業部

「高度なファッション性」を追求していきます!

メンズのアパレルや男性化粧品の多様化が進んで来た今、紳士靴も例外ではなく、従来からのスタンダードの枠を超えるファッション性も、求められています。
したがって私達はこれからも、レディースと同じ感覚で、時代に則したデザインやカラーを備えた紳士靴をご提案していく必要性があります。
そのためには、ユーザーならびに販売店様のご意見やご要望に耳を傾け、トレンドを先駆けて企画開発に活かすことが大切だと考えています。

婦人靴営業

日頃の業務の積み重ねから、より良い提案を

私達の部門は、レディースシューズの仕入れから販売までの業務を行っています。婦人靴というカテゴリーだけに、常にシーズンごとの新しいトレンドをお客様にご提案することが必要となりますが、その成果を最大化させるためにまず大切なのは、お客様との良好な関係を保つことです。
そしてそれぞれのお客様に対して、本当に最適と言えるご提案をするためには、各お客様の特徴を把握した上で、日頃からあらゆるショップなどを見て回って情報収集する、商圏・環境リサーチが欠かせません。

学校・大手企業営業

何よりも大切な「信頼」

私達の部署は、官公庁や学校や大手企業に対する大口の取引を扱っています。
ここで常に求められるのは、耐久性と履き心地を確保した上でのコストパフォーマンスです。
官公庁においては消防署や清掃局などから受注しており、学校においては新1年生の靴の販売で650足を販売した実績があります。そして一度にこの650足を販売するのに、男子、女子を含めて22cmから30cmのサイズをサイズ切れが無いように販売することはグローバルメーカーでは簡単ではありません。
しかしそんなニーズに応えて来たこともあり、今ではおかげさまで、中学校で40校、高校で30校から受注しています。
私達の使命は、この得難く失いやすい「信頼」というものを、維持向上させて行くことです。

Copyright © Tsukihoshi-syouji All Rights Reserved.

PAGE TOP